専業デイトレーダー生活20年の歴史

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

デイトレーダー、専業トレーダー、個人投資家、専業FXトレーダー、日本株デイトレーダー・・・。呼び方は多少違っていても、オンライン証券やネット証券、オンラインFX業者など、自分のパソコンや携帯端末などでトレードをして、その利益だけで生活をしているような人は珍しくなくなってきました(よね?)。

あ、別に2005年にジェイコムショックでBNF氏が注目を浴び、その後cis氏が登場して・・・というような、デイトレーダーの歴史を振り返ろうと思って書き始めたわけじゃないんです。

そうそう。通常のトレード記録みたいなのは最近あっち「FXスキャルピング手法とデイトレード手法を研究検証するブログ」に書いています。なんとなくこっちは「法人化したFX専業トレーダーとしての生活」、あっちは「トレードのみに焦点を当てる」みたいな感じでやってみようかと。まあどうでもいいんですが。

なんでまた今回「専業デイトレーダー生活20年の歴史」なんていうテーマでブログを書いているのかというと、5年近く前に書いた記事(私が初めて会った専業デイトレーダー)の人と再会できたんです。

要するに、「2000年頃に私が初めてリアルで見た専業デイトレーダー(日本株)」という人です。なんで再会できたのかという話は長くなるので省略しますが、たまたま共通の知り合いがいたという感じですね。まあその知り合いも元証券会社勤務だったので不思議な話ではないんですが。

お互いに夜間の外出は厳しいということで、昼間に喫茶店で待ち合わせてお会いしました。2000年当時で40代前半に見えたので、2017年の今だったら60歳ぐらいなんでしょうかね。でも全然老いたような感じじゃなくて、初見ですぐにわかりましたよ。むしろ先方から見た私の方が老いた印象だったんじゃないですかね(笑

話した内容をあまり細かく書くわけにもいかないので要点だけにしますが、気になるのは「専業トレーダーとしてその後どうなったのか」ということですよね。

それが今でも日本株の専業トレーダーをやっているそうです。2008年頃にFXもやってみたけど性に合わなかったそうです。「夜も眠れなくなるから」って。

ビットコインなどの仮想通貨も全く興味無いそうです。市場やルールが出来上がっていないうちは手を出したらいかんと。まあ、FXでもそうでしたよね。ルールが出来上がっていない頃はFX業者の不正や不祥事がバンバンありました。

1998年頃に松井証券が初めてネット取引を開始してから「オンライントレード」をやっているとのことなので、既にもう20年ぐらい専業トレーダーとして生活しているわけです。

約20年間オンライントレードをやって、しかもそれを「専業」として生活できている人って知り合いとかにいます?なかなかいないですよねぇ。

「だって自分には株で食うことしかできないもん」と仰っていました。それって結構凄いことなんですけどね(笑

稼いでいる利益を聞きたかったんですが、さすがに「いくら儲けました?」と聞くわけにもいかないですよね。でも一軒家をキャッシュで新築したということなので、利益が3000万や5000万どころじゃないですよね。おそらく億単位で稼いでいるんでしょう。

私がこのブログで長年主張してきたこととして、

・オンライントレードの専業トレーダーで生涯生活できた人はまだいない(オンライントレード自体の歴史が浅いから)

・専業トレーダーで「安定して稼ぐ」「長く稼ぐ」ことに価値を見出さない(トレードの目的は「長くやること」「生き残ること」が目的ではないため)

・専業トレーダーは他の収入源を早く持った方がいい(長期間専業トレーダーとして稼ぎ続けることは不可能に近いという考えから)

・専業トレーダーは早く稼いで早く引退した方がいい(どこかで勝ち逃げしないとそのうち大損する日を待つことになるから)

適当に挙げましたが、長くこのブログを読んでいただいている人にはなんとなく伝わりますよね(笑 今回の再会でこれらの考えを真っ向から否定されたような気もしました。

約20年も専業トレーダーとして生活をして、副業も持たずトレードのみの利益で自宅を買って、それでもまだ引退しないという人がリアルにいるということが励みにもなりますね。

ただしこの方は、当時からそうでしたが完全に質素な生活をされています。見た目はホームレスギリギリにすら見えるような服装で、車も持たないし高価な物は一切持っていないようです。

まあ自宅については、以前の家が老朽化しすぎて取り壊しになったということで、社会的立場は無職扱いだし賃貸も厳しいし老いた親もいるということで終の棲家として買ったそうです。

専業トレーダーとしての心構えは、「まず生活の固定費を増やさないこと」から始まって、トレードで稼ぐとか手法がどうとかはその次の話だそうです。そこだけ私と共通していません?(笑

その方は日本株のデイトレーダーなので、FXを中心に書いているこのブログでは参考にならないかもしれませんが、「20銘柄ぐらいをチョイスして監視し続けること」みたいなやり方です。これは2000年当時もそうでしたね。

「アエリアが噴いたぞー買えー」「任天堂が調子良いらしいぞー」「タカタがストップ高で張り付いたぞー」みたいな感じのハイエナ手法はやらないそうです。そのうち大損するデイトレーダーにありがちですよね。

FXでいえば「雇用統計だから参加するぞー」「ポンドがガラったぞー」みたいに飛びつく感じはやらないということなんですかね。この辺も似ていません?(笑

まあそんな感じで、久しぶりにお会いできたことと、オンライン専業トレーダーで約20年も生活しているというサンプルが目の前にいらっしゃることが嬉しかったですね。

今後25年、30年と引退するまで専業トレーダーを続けていただいて、「生涯専業トレーダー」という前人未到の人生を全うしていただきたいなと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. 楽天証券(FX)
    FX業者のSBI FXトレード
    私なら外せないFX業者。FX用のマーケットスピードが使えてチャートや注文機能が充実。