スキャルピング手法【利益確定と損切り編】その2

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

ひとつ前の記事がわかりにくいというご指摘をいくつかいただきましたので、補足として事例っぽく説明します。

事例の前提として、スプレッド0.5のドル円でトレードしたことにして、(  )内はその時点の含み損益とします。

 

この記事では、利益確定と建値決済の事例を書きます。

 

事例1・・・+5pipsまで行ったけど+3pipsまで落ちた場合

インする(▲0.5pips)→(+1pips)→(+2pips)→(+3pips)→(+4pips)→(+5pips)この時点で脳内逆指値で3pips確定させる→(+4pips)→(+3pips)ここで脳内逆指値を発動して利益確定。

 

事例2・・・+5pipsちょっと伸びて行ったけど下がって来た場合

インする(▲0.5pips)→(+1pips)→(+2pips)→(+3pips)→(+4pips)→(+5pips)この時点で脳内逆指値で3pips確定させる→(+7pips)この辺で脳内逆指値5pips確定させる→(+6pips)→(+5pips)ここで脳内逆指値発動して利益確定。

 

事例3・・・+5pipsよりもはるかに伸びて行った場合

インする(▲0.5pips)→(+1pips)→(+2pips)→(+3pips)→(+4pips)→(+5pips)この時点で脳内逆指値で3pips確定させる→(+7pips)この辺で脳内逆指値5pips確定させる→(+10pips)→(+12pips)この辺で脳内逆指値10pips確定させる→(+10pips)ここで脳内逆指値発動して利益確定。

 

事例4・・・インした後ちょっとプラスになったけど下がった場合

インする(▲0.5pips)→(+1pips)→(+2pips)→(+3pips)→(+2pips)→(+1pips)→(0pips)ここで建値決済。

 

だいたいこんな感じです。

このマイルールだと、例えば+4pipsまで行って下がって来た場合も建値決済になりますが、臨機応変に+1pipsは確保するとか+3pips確保するとか決めても良いと思います。

テーマとしては、利益を伸ばす!ということよりも、できるだけ損をしない!ということに重点を置いています。

 

ひとつ前の記事で、100戦50勝10敗40分をイメージしていると書きました。

例えば勝ちの平均獲得pipsを3として、負けを▲3として計算したら、

+150pips、▲30pips、40分でトータル+120pipsぐらいのイメージでしょうか。

まあ、実際そんなに上手くいかないですけどね。

 

今回の事例、余計わかりにくかったですか?私の文章力ではこの辺が精一杯です!

何度も書きますが、くれぐれも「勝てる」手法を示しているわけじゃなくて、私のやり方ということなのでご了承ください!

次の記事では損切りの事例を書きます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。