51EfU6CveEL._SL500_AA300_

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

傲り・・・いい気になること。

慢心・・・おごり高ぶること。また、その心。自慢する気持ち。

思いあがり・・・自分のすぐれた性質、能力などに得意になる。

辞書だとこんな感じ。

要は「調子ぶっこいた奴」みたいな感じですかね。

 

FXに関して言えば、いろんな場面でありますよね。

1.儲かったことによる傲り

・・・初期資金100万が300万になった、500万になった、など儲かったら自分は上手いと思い込んでしまう。自分に合わない相場になったら途端に大損。

 

2.経験による慢心

専業になって3年間生活できている、俺はFXを10年やってきたから他のトレーダーとは違う、などだから何だって話。今後稼げる保証は何も無い。

 

3.知識に関する思いあがり

・・・セミナー50回行った、本を300冊読んできた、など。これもだから何だって話。

 

4.学歴による傲り

・・・慶応経済学部卒の俺はそこらのデイトレーダーとは違うなんて。中卒でも高卒でもゴールドマンサックスでも同じ土俵でやるのが良いところ。だから何だって話。

 

5.経歴による慢心

・・・前職は証券ディーラーだった、ファンドマネジャーだったから元々プロ。そこらのデイトレーダーとは比べないでくれってな感じ。お客さんや会社のお金と自己資金では結構違う。

 

まだ他にもいろんなケースがありますね。私の場合は、5番について思っていた時期がありました。あ、でも3もあったかも。結局金融業界にいたんだから知識も全然違うって思っていた時期もありました。今はかなり謙虚に考えていますけどね。

でもそれが「専業トレーダーとしてFXで稼ぐ」ということについて、何か大きなアドバンテージになったようなことは無いかもしれません。

特に私の場合はファンドマネジャーだったので、別に通貨の日計りトレードを繰り返していたわけじゃないからFXトレードに関しては未経験者のようなものなんですね。

 

まあとにかく引退するまでいい気にならないことですよ。これホント。

例え現時点で1億円稼いでいても明日から儲かるかなんてわからないんだから。

 

本当は「常に謙虚に謙虚に」が良いんでしょうけど、「普段は謙虚に、時には大胆に」が良いと私は思っています。

そのバランスの取り方がなかなか難しい。

余計な場面で妙に大胆になってみたり、稼げる場面で大胆になり切れなかったり。

「なんであそこで利確しちゃったんだろう」

「なんであそこで損切れなかったんだろう」

こんなことばっかりですよね。

 

今儲かっている人はそのうち必ず調子悪くなる場面があることを想定して謙虚に謙虚に、ここだという場面は大胆に。

今マイナスの人はそのうち儲かるときが来る・・・ではなくこれ以上損が膨らまないように謙虚に謙虚に、ここだという場面を見極めて大胆に。

 

誰とは言わないけど、ツイッターとかブログで調子ぶっこいてる奴いますよねー。

私は今でも5連勝とかすると次はいい加減なトレードをしたり、何十万とか儲かるとパソコン買おうかなーって考えたり、すぐ調子に乗ってしまいます。今回は自戒の意味を込めて。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。