FX大暴落事故

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

自分への戒めを兼ねて、改めてFXって怖いんだぞということを、改めて自分への戒めを兼ねて、メモ代わりとして記事にしておきたいと思います。

1~2年に1回ぐらい、FXで歴史的暴落事件があるのをご存知の方も多いと思います。

記憶に新しいところで言えば、

2011年9月6日のスイスフラン暴落

http://zai.diamond.jp/articles/-/117551

2010年5月7日のいわゆる誤発注ショック

http://blog.livedoor.jp/love_aeria/archives/51598623.html

2009年10月31日の南アフリカランド円大暴落事件

http://zai.diamond.jp/articles/-/38525

私が忘れているだけで、多分まだいろいろあります。

 

特に最後の南アフリカランド円事件は、1分で約30%下落したことで有名です。

30%といえば、ドル円で言えば約30円。もちろん南アフリカランドなんかは新興国通貨なので、それこそ動き出したら値動きは激しいのでドル円に換算するのは適切じゃないかもしれません。でも保有していたら一緒ですよね。30%の値動きを直撃されてしまいます。儲かる方へ動くならまだしもね。

FXトレンドラインの教科書 -円安ドル高トレンドの到来-

中古価格
¥441から
(2015/10/8 17:08時点)


 

ほとんどの方がご存知のことだと思いますが、こういう事件のときは、きちんとロスカットラインで約定してくれません。口座残高がマイナス数百万とかになった人なんてザラです。

誤発注ショックのときは一切救済されず、一瞬でマイナス何百万や何千万も借金を抱えた人も多かったと聞きます。

1000万円の証拠金で、ドル円を100円で100Lot建てていただけで、残高が▲2000万円になります。私はたまに600Lotとか建てることがあるので、▲1億8000万円!!!ああ・・・やっぱり怖い。

 

南アのときは、散々トラブった挙句、若干救済措置があったような記憶があります(違ってたらすみません)。

専業トレーダーとして生活している以上、どんなに気を付けていてもこういった事件は避けられないですよね。

こういった暴落事件をたまたま喰らってしまうだけで退場どころの騒ぎじゃないですよね。

このリスクだけは対処方法がわかりません。大きいロットを建てないようにするしかないんですかね。長期投資だとほぼ間違いなく喰らうから、スキャルとかで保有時間を短くするんですかね。

FX大暴落事件へのリスクについて、みなさんは何か対策を考えていますか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。