スキャルピング手法必勝法

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

若干過激なタイトルになっちゃいましたけど、これはカリスマディーラーと言われている松田哲氏が著書FX短期売買の教科書の中で書かれていることです。

FX短期売買の教科書

新品価格
¥1,620から
(2015/10/8 17:18時点)

スキャルピングは単なるギャンブルとも言い切っており、スキャルピングの手法や勝ち方が語られていることに失笑を禁じ得ないとまで言っています。

 

端折って理由を書くと、

1日約30兆円も売買されている為替市場の中で、1人300億程度を動かす日計りディーラーは世界中で1,000人はいる。

そういう人たちは、50本ぐらい(50億)ぐらいの発注はザラで、発注すると1分足や10分足でビビビっとインパクトを与える。

数人のディーラーが発注したサインぐらいで一喜一憂して、それをスキャルピング手法必勝法として語られていることに失笑する。

スキャルピングなど目隠しをして丁半博打をやっているようなものだ。

1分足や10分足を見ること自体「害」である。

少数のディーラーでは作れない「足」はせいぜい1時間足であり、1時間足であれば少数のディーラーがバイアスをかけて作れるものではない。

世界中の投資家が為替レートについてどう考えているのか表れるのがせいぜい1時間足である。

↑ こんな感じでしょうか。

 

もしこの本を持っている人がいれば、96ページから99ページを見たらいいと思います。

決して大袈裟に書いたつもりはありませんから。

じゃあ、私はどう考えるかと言えば、正直わかりません。

だって人を批判したり指導できるほどの確立した手法はありませんからね。

でも、私はインターバンクディーラーではありませんでしたが、会社員時代に一時期3000億円以上を担当していたこともあって、少なからず市場にインパクトを与えることはありました(別に一発で3000億発注するわけじゃないですが)。

※どんなファンドを担当していたか、詳しいことは言えないんです。意外と業界が狭いのですぐに特定されちゃいますから。

だからといって、後に続いて買われていくわけでもなく、一瞬インパクトを与えただけでまたズルズル下がったりするんですね。

私はファンドマネジャーだったから、デイトレーダーのように日計りじゃないのですぐに反対売買はしないんです。ただ一瞬市場にインパクトを与えただけです。

でもそれを見て「大きな買いが入った!」なんて勘違いすると、あれれれれということになりますね。

そういう観点で言えば松田哲氏の言っていることもわからなくはないかなーと思います。

 

今の立場で言えば、スキャルピング的なこともやりますしデイトレードもやります。でも今年に入ってからはほとんどデイトレードで、スキャルピングを狙ってのエントリーは少ないように感じます。

 

今回の記事はスキャルピング手法を批判するものじゃありません。

松田氏も全ての手法を知り尽くしているわけでもないだろうし、実際にスキャルで長年稼いでいる人もいるでしょうから。

あ、でも今回紹介した本は読んで損は無いと思いますよ。半分ぐらい初心者的な内容かもしれませんが、フーンと思う箇所がいくつかありましたから。

個人的には、FXに関する本を買って、1箇所でもフーンとなればその本は買って良かったと思うようにしています。なので、もし買ってみて3箇所しかフーンってならなかったぞ!ってなっても、それは感じ方の違いなのですみません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。