ninnja

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

dollar euro pound yen

 

先日、「最もよくトレードする通貨ペアは?」というアンケートを行いました。

結果は以下のようになっていることは既にお伝えしています。

FX専業デイトレーダー法人口座1

 

私が気になったのは、「クロス円」でトレードしている人が多いことでした。

クロス円とは言うまでもなく、ドル円以外の円絡み通貨ペアのことですね(EURJPY、GBPJPY、AUDJPYなど)。

私の印象として、クロス円を選択してトレードしている人は、為替のことをよくわかっているプロ並の人か、為替のことを知らない初心者かに分かれます。

 

インターバンクでは基本的にドル絡みのペアが大半を占めて、合成通貨であるクロス円はほとんど取引されていませんよね。

例えばユーロ円を買いだと判断するには、基本的にドル円とユーロドルの動き、できればポンドドル、ユーロポンド、ポンドドルなどの動きをチェックしていないと判断できないはずですよね。

(主要4通貨だけで見れば)全体を見て、

ユーロ>>>(ドルかポンド)>>>円

だと判断した場合じゃないとユーロ円ロングという判断はなかなか出てこないはずなんですね。

 

もちろんこの事例以外の場面でもロングと判断することはありますが、その判断だったら例えばユーロドル買った方がいいんじゃない?って思う人も結構多いです。

よほど慣れている人じゃない限り、クロス円のトレードは難しいという判断です。

 

この辺の細かい解説については、陳さんのブログがよくまとまっていると思いましたのでここでは割愛します。

古い記事ですがわかりやすいですよ(勝手にリンク貼ります)。

→ あなたの注文は市場を素通りしている?

→ クロス円取引自体がそもそも存在しない?

 

完全に余計なお世話ですが、もしこれらのことを知らずにクロス円を選択している人がいたら、ドルストレートを中心に見た方がいいですよって話です。

ドルストを見て例えばユーロ円ロングって判断したならそれで良いですが、ユーロ円だけ見て買いだ!って判断していると全く全体が見えていないってことになります。それこそ神ですね。

 

サンプルは少ないですが、私の周りで勝っている専業トレーダーは、ユーロドルが圧倒的に多いです。その次にポンドドル、ユーロポンド、豪ドルドル、ドル円、ポンド円・・・って感じだと思います。

私は東京タイムがメインなので、どうしてもドル円が多くなってしまいますが、もしロンドンタイム~やるのであれば基本的にドルストを選択します。ココだってときにクロス円を選択します。クロス円の方がスプレッドが若干狭い分、どうしても選択する人もいると思いますけどね。

 

クロス円メインの人がダメだって話じゃないです。

スキャルピング手法の人はクロス円の方が合っている人もいますし、他にも「理由」があってクロス円を選択している人はいますし、それで勝っている人もいますよね。

ただ、最低限これらのことを理解して選択していますか?っていうお節介記事です。

なんか最近初心者指南ブログみたいになってきたので、今後ちょっと修正したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。