no

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

以前も何度か書いたことはありますが、もともと私はテクニカル分析やインジーターの類に関しては、あくまでも副次的なものであってそれに頼ってはいつまでも勝てないという考え方です。

このことをまともに全部書こうとすれば、1冊の本が書けるぐらいの量になってしまうので考え方のアウトラインだけ。

 

一目均衡表、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、エリオット波動、MACD、などなどいろんなインジケーターを表示してトレードしていると思いますが、それに頼って勝てていますか?また、ゴールデンクロス、デッドクロスなども同様です。

 

私の知っている上手いトレーダー(儲けているトレーダー)を見ても、テクニカル分析やインジケーターに頼りっきりという人は、私の知っているトレーダーの中では皆無です。

 

リアルタイムのチャート、トレンドライン、移動平均線。この3つは予測や分析したものではなく単純に「事実を表したもの」なんですよね。この3つに加えてネットなどでニュースが見られれば良いと。基本的にこれだけで十分と考えており、その他のインジケーター類は参考資料程度という人がほとんどでした。

 

金融業界にいたからかもしれませんが、テクニカル分析やインジケーターは後付けの言い訳みたいに使うことが多かったのであまり良いイメージを持っていないのかもしれませんけどね。

もちろんそればっかり分析している部署もあったので金融業界と一括りにはできませんが。

はなっから否定しているわけじゃなく、一応テクニカルアナリストの資格を取っているので、それらを踏まえた上での否定になります。

←興味があれば。めちゃ高いけど

 

言い方が難しいんですけど、テクニカル分析やインジケーターが「全く意味が無い」って言っているわけじゃなくて、それらがどういう根拠で成り立っているのか知らないのになんとなく使っている人が多いってことでしょうか。

たいした知りもしないものを間違って使っている人が多いんじゃないかなーってことです。

「雲を抜けたから買いー」「ボリンジャーで3σタッチだから売りー」じゃないですよね。

 

ボリンジャーバンドを開発したジョンボリンジャーさんが「俺が思ってたのと違う使い方してる人が多いよー」ってな感じのことを言ってましたよね(確か)。

 

有名なインジケーターなどは多くの人が使っているのでポイントポイントで「意識」され、そこで踏ん張ったり反転したりすることもありますが、感覚的にはそれでも50%ぐらいの確率なんじゃないかと。

その50%がたまにビターっと当たったりすることがあるので「スゲー」ってなることもありますが、極端な話「1時間後に上だと思う?下だと思う?」ってサルやイヌに聞いても50%近くは当たりますよね。

もちろんテクニカル分析やインジケーターで100%当てる必要は無く、50%が55%や58%になるのであればそれは有効なものなんですけどね。

 

文字数の関係で言いたいことの1割も書けませんでしたが、テクニカル分析に頼りっきりになるんじゃなく、テクニカル分析やインジケーターへの依存度を下げて自分の感覚を磨くことに重点を置いた方が稼げるようになるんじゃないかなーってことです。

私も偉そうなことは言えませんけどね。儲けているトレーダーさんがそういう傾向だったってことで許してください。

でも、知った上で依存しないって判断するのと、知りもせず最初から見ないっていうのでは全く違うと思うので、深く学んでみることはオススメします。

「テクニカル分析 批判」などでググってみると他にもいろいろ出てきますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。