FXの勝ち方、勝つ方法、儲け方などについての心構え

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

しばらくFXトレードをしないと書きましたが、痔がちょっとだけ良くなったので寝っ転がりながらこれを書いています。結局今週もFXトレードはやっていません。

タイトルに「FXの勝ち方・・・云々」のように書きましたけど、当然そんなもの知りません。もし知っていたとしたらわざわざブログに書きません(笑

ここ数日は痔が痛くてFXトレードをやっていないので、その時間を使って寝っ転がりながら考えていたんですよね。FXの勝ち方とか、勝つ方法とか、儲け方について。ダラダラーっとしながら考えたのでダラダラーっと書きます。

あまりにもテーマがざっくりしすぎているので、「プロとは」、「アマチュアとは」みたいな視点で考えてみました。今回プロ・アマの定義は金融機関勤務とか関係なく、「勝てるトレーダー」か「勝てないトレーダー」かだけとしました。

私の中で少なくとも言えることは、「テクニカル」や「FX手法」のようなFXトレード必勝法は無いということですね。これは今まで何度も書いてきましたが、テクニカルやインジケーターのようなものはあくまでも「目安」であって、それらをどうやって駆使するかというのが勝てるトレーダー、勝てないトレーダーの分かれ目じゃないかと思っています。だからこれもよく書きますが、「◯◯手法」の本や情報商材、インジケーターのサインを厳格に守るようなタイプの人は、最終的に負けるトレーダーになるんです。

アゲアゲ相場のときはガンガン稼げて「億トレーダー」とか言われるような人が、相場の雰囲気が変わった途端全財産無くすような事例は数多く見てきたと思います。あれはそういうことですよね。結局インジケーターや手法なんかを「駆使」できていないクソクソトレーダーさんだと思います。「今までのやり方が通用しなくなった・・・」とか気付いたときには後に引けない状況になっているんですね。

今回はダメ出しの方じゃなくて、どうやったら勝てるトレーダーさんになるかという前向きなタイトルなのでクソクソトレーダーさんの話はこの辺にしておきます。

数日間いろいろ考えてみたんですけど、今のところ行き着いた結論は、「1つのトレードについて説明ができるか」という点は結構重要なのかなと思いました。要するに、「なんでそこでエントリーしたのか」、「なんでそこで決済したのか」、「なんで今はエントリーしないのか」みたいなことをきちんと説明できるかということです。

どこか金融機関やファンド会社にトレーダーとして勤務しているようなイメージでいいと思います。上司や同僚にきちんと理由を付けて報告できるかみたいなイメージです。社会人だったら、「上だと思ったんで」とか「20pipsは取れると思いました」みたいに稚拙な説明じゃ通用しないですよね。

今まで深く意識していませんでしたが、私の考え方はこれに似ているなーと改めて思いました。たとえば私が指標トレードを避けるのも、結局説明が付かないからなのかなと(→重要指標発表時にわざわざFXトレードするのはなぜか)。「勝てるFX手法の本に書いてありました」とか「ゴールデンクロスしたんで」とかも通用しないですよね。

1回のトレードに対して、「なんでそのトレードをやったのか」が説明できるようになれば、仮にそれが損したトレードであってもそれ以降修正ができるんですよね。私もFXトレードを始めた頃は指標トレードをやって、一瞬で大儲けや大損をしていました。ただ、何度か繰り返していくうちにこれはやるべきじゃないなと自分なりに気付いたわけです。別に指標トレードのことだけじゃなくて、ライントレードだろうと移動平均線のMAトレードなんかでも同様です。そのトレードについてきちんと説明できれば修正しながら自分のやり方を確立していく、説明できないようなトレードは避ける、でいいと思います。

以前このブログで、プロとはアマとはみたいな話題になったときに、「金融機関勤務のトレーダーはプレッシャーがあるんじゃないのー」みたいなことを軽く書いた記憶があります。思い返してみれば、おそらくそれは今回書いたようなことなんじゃないかと気付きました。

時間があったので昔買った本をいくつか読んでみたんですよね。その中でも「トレーダーの精神分析」という本。

トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる (ウィザードブックシリーズ126)

かなり前に買った本ですが、なんか精神論ばっかり書いてあるんだろうとか思って、買っただけでほとんど読んでいなかったんですよね。でも今回読んでみると、プロトレーダーとはなんたるかみたいなことが書いてあって結構面白かったですよ。Amazonの「なか見!検索」で数ページ見ることができるので機会があれば読んでみることをおすすめします。

>第1章 プロの技術はどこから生まれるのか――パフォーマンスのニッチ
>第2章 トレーディングのニッチを見つける
>第3章 能力を磨く――パフォーマーのレベルアップ
>第4章 能力を磨く戦略
>第5章 単なる能力からプロの技術へ――大きく成功するトレーダーとなるには
>第6章 技術・戦術・戦略――トレーディングの成功に至る道
>第7章 パフォーマンスのダイナミクス――自己観察とパフォーマンスの向上
>第8章 パフォーマンスを向上するための認知療法
>第9章 パフォーマンスを向上するための行動療法
>終章 プロトレーダーの肖像

みたいな感じです。

いや、まあ別に本の宣伝がしたくて長々書いてきたわけじゃないんです。

JFXの小林社長が社長業の合間にトレードの視点を発信されています(→JFX小林芳彦twitter)。私は昔から「社長が前に出たがる会社は大抵胡散臭い」という考えだったので、最初の頃は正直あまり好きじゃなかったんですよね。でも見ているうちに人柄もそうですが、トレード戦略の視点が明確で勝っても負けても「説明がつくトレード」なんですよね。

朝方発信する戦略が明確です。例えば昨日の朝は、

こんな感じですかね。ツイッターだけじゃなく、口座開設すると「小林芳彦のマーケットナビ」というコーナーを見ることができて、元インターバンクディーラーだった小林社長の戦略を知ることができます。取引ツールも使いやすいですし、イベントやキャンペーンも豊富です。スキャルピング系の短期トレードがオッケーと公言されていますし。個人的には指標トレードを推奨しなければ限りなく100点だと思うんですけどね。業者さんなので仕方ないんでしょう。JFXおすすめです。

JFX株式会社

あ、別にJFXの宣伝するためでもなかったんですが。つい流れで。

あとは単純なことですが、圧倒的に基礎知識が足りない人が多いように見えるという感じですかね。別に私が金融マスターというわけじゃないんですが。例えば簡単なことでいえば「日本経済が悪くなると円が買われるってどういうこと?」と聞かれたときに大抵の人はモゴモゴとなるんじゃないですかね。これがもし金融機関勤務で上司から問われたときにモゴモゴしたら、「えーーー、それが説明できなくて金融業界にいるのーーー、新人研修からやり直せよお前ーーー」みたいになるんじゃないですかね。少なくとも私のいた会社ではそうだったと思います。これもある種のプレッシャーですよね。これはひとつの例ですが、日頃から金融とかなんたるか、為替とは、株式市場とは、みたいな知識をインプットするようにしておいた方がいいと思います。別に難しいファイナンスや経済学を学ぼうとか言っているわけじゃないです。

長くなったのでこの辺にしておきますが、今回の内容を要約すると「1.そのトレードについてきちんと説明ができるか」、「2.金融の基礎知識をインプットしよう」の二点です。数日考えてこれくらいの結論しか出ませんでしたが、勝てるプロトレーダーを目指すならおすすめですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。