no

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

法人化して法人口座でトレードしていることを公表していることもあって、法人化に関する質問をいただくことがよくあります。

よく考えたら良いことを中心に答えていたような気がするので、今回は思いつくデメリットについて書いてみようと思いました。

 

FX法人化/法人口座のデメリット

 

1.法人設立に費用がかかる

・・・登記費用や登録免許税、設立を頼んだ先(税理士、行政書士など)への報酬などで、だいたい20万~25万円ぐらいかかります。

 

2.税理士報酬がかかる

・・・自分で帳簿を作成できて、決算整理、税務申告までできる人は必要無いですが、おそらくほとんどの人はできないでしょうし、その手間にかかる時間を考えたら専門家に依頼する方が懸命です。
相場は年間50万円前後だと思いますが、破格(年間25万円ぐらい)でやっているところもあるし、80万円ぐらい取るようなところもあります。
目先の価格だけじゃなく、決算報酬を別途請求されるのか、年末調整や個人の確定申告、法定調書などを提出する都度費用が発生しないか確認した方が良いです。

 

3.儲けても自由に遣えない

・・・役員報酬として毎月一定額受け取るので、たまたまもの凄く儲けた月があったりしても、自由に出金して買い物ができません。
パソコンや関連書籍など、経費になるようなものであれば出金して購入できますが、基本的に経費にならないようなものは買えません。
更に役員報酬はある程度の期間、最初に決めた額を継続しないといけないので、来月の報酬を上げればいいじゃんというようなことができません。

 

4.ランニングコストがかかる

・・・決算期に赤字だったとしても、約7万円程の均等割という税金がかかります。国税ではなく地方自治体へ支払う税金です。
あと、法人化すると社会保険の加入義務があります。実態は入っていない法人も多く、今のところ入らなくても大きな問題にはならないようですが、義務はありますということです。

 

5.銀行口座が作りにくい

・・・基本的にFX法人とか、弱小法人は銀行口座の開設を断られることがあります(いや、大手ならほぼ断られます)。ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行などは比較的開設しやすいと思います。
そんなにいくつも必要無いとは思いますので、これらで十分ですね。FX業者にクイック入金できる銀行ならどこでも良いです。なぜかジャパンネットバンクは法人の審査が厳しく、最低限法人のホームページを開いていないと断られるようです(私はダメでした)。

 

6.税務調査がある

・・・何年かに1回、税務署から強制的に税務調査がある場合があります。対応に数日かかったり、追加で税理士報酬を支払ったりしますので結構大変です。
利益が少ないうちや、赤字の法人にはあまり来ない印象があります。税務署からの調査は事前に連絡があります。突然家や事務所に来た場合は、ほぼマルサ(税務署じゃなく国税局)です。

 

もしかしたら漏れがあるかもしれませんが、だいたいこんなところですかね。

もし後で気付いたら追記しておきます。

 

上記からもわかるように、年間100万、200万ぐらいの利益を目指すのであれば法人化はあまり得策じゃないですね。

 

よく800万円ぐらいの収益が法人化検討の分岐点なんて言うサイトなどもありますが、そんな一概に言えるものじゃないです。経費の入れ方や、他に兼業しているのか、いろんなことを考慮しないと分岐点なんてそれぞれなので。

今回はデメリットばかり並べましたが、もちろんメリットも多いですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。