FXで法人化するメリットがあっておすすめするのはこういう人

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

私がFXトレーダーとして法人化しているので、FX法人化に関する質問を受けることが多いんですよね。ネット上でやり取りしている人は限られているので、どちらかといえば実生活の知り合いからです。

以前もFXで法人化して法人口座でトレードすることのメリットやデメリットは書きましたが、今回は「本当はどんな人にFX法人設立をおすすめするのか」ということを書いてみます。

FXトレーダーのための法人活用
※FX法人化の本が少ない中、つい最近発売されました

私の知り合いもそうなんですが、「レバレッジ100倍以上でFXトレードしたい」という需要がかなり多いんですよね。ご存知のように個人口座だと現在はレバレッジ25倍が上限ですが、法人口座にすればレバレッジ100倍とかそれ以上も可能です。

でもレバ100倍以上でFXトレードしたいっていう需要だと、基本的に資金が満足ではない場合がほとんどなんですよ。200万円から始めたいとか、多くても500万円とか。

そりゃレバ100を回してガンガン稼げたら短期間で200万が1億円になる可能性はありますが、やっぱりトレードで稼げないとなったら法人の維持費用や清算結了(倒産みたいなもの)にかかる費用もバカにならないんですよね。

だから、少なくとも少ない資金でガンガン稼ぎたいというタイプの人には、FX法人化を絶対におすすめしていません。私の個人的な感覚ですが、法人化した後に最低でも年間2000万円ぐらいの利益を確保できるイメージのある人から検討します。

普通に考えて初期資金200万や500万じゃ年間利益2000万円は厳しいですよね。仮に2000万円から始めても年間2000万円の利益確保はかなり難しいと思います。だからせめて3000万~5000万円ぐらいから始められる人が対象です。※「年間2000万円の利益確保」の根拠などは長くなるので今回は書きません。

過去記事→FX法人化手順~FX法人口座開設まで

FX用の法人を設立する費用自体は安ければ20万円~30万円ぐらいでできます(資本金除く)。あとは法人の印鑑やスタンプみたいなものの雑費が少々ぐらいです。

でもその後にほとんどの人は税理士に頼まないと法人税等の申告書は作れないと思うので、税理士費用が年間50万円~80万円ぐらいかかります。赤字でも地方税均等割を数万円納める必要があるし、税務調査の税理士立ち会い費用などは別途発生します。まあ、他にも法人を維持するちょこまかした費用はありますが、平たく考えて最低でも年間100万円弱は費用として発生するんですよね。

役員報酬の設定金額次第では、国民健康保険の金額もかなり高くなります。東京23区だと40歳以上なら年間890,000円ですよね。他の地方でも神戸市などはもっと高いと聞きます。

だから初期資金が200万円とか500万円だとその諸費用が重くのしかかってきて、最初に設定した役員報酬と法人税等とこのような諸費用を支払ったら赤字になるFX法人は多いようです(役員報酬が支払えているならまだマシ)。私の知り合いでも法人化したまではいいけど稼げなくなって辞めるときに、会社を閉じる費用が払えなくて今でも閉鎖できないまま均等割を毎年支払っている人がいます。

だいぶ端折りましたが、この辺を考慮してFXで法人化するメリットやデメリットを受け入れることができて、おすすめできる人物像は以下のような感じです。

1.個人口座で税引き後3,000万円以上の利益を得た人

偶然稼いだ3,000万円じゃちょっとアレですけどね。コツコツ稼いできたのであれば既に勝ちパターンはわかっているはずですし、3,000万円もあれば諸費用はそこまで負担にならないでしょう。

2.他に事業をやっていて、その事業が結構儲かっている人

何か事業をやっていて、それが儲かっているならお金に余裕はあるし、FXで稼げなくても生活には困らないでしょう。更にその事業と同じ法人で法人口座を開いてFXトレードをやった場合、仮にFXが赤字でも本業の利益と損益通算ができるのでFXで損することでもメリットはありますね。まあ、もちろん儲かった方がいいんですが。

3.どうしてもFX法人で代表取締役の立場が欲しい人

私みたいな人ですかね。個人投資家とか無職だと生活しにくい人です。年間100万円前後の諸経費を「代表取締役」の肩書きを得る費用と考えられるかどうかですかね。

だいたいこんな感じなんですかね。まあ、他にもいくつかあるでしょうけど、少なくとも「ハイレバでFXトレードしたい」という需要だけでは後々苦しくなりますよということです。

税金面については今回触れていません。今は法人の方が税金面で損だという話をよく聞きますが、法人の方が損なパターンもあるし得なパターンもあるんですよね。FXトレードなんて利益のシミュレーションをしても、まずその通りに稼げることは無いので無意味なんですよね。

反則技として4つ目のパターンを挙げてみると、

4.FXハイレバチャレンジを繰り返す人

これは例えば資金のうち最初に5万円だけ入金して、レバレッジ100倍でガンガントレードする。50万円や100万円になったらその回のハイレバチャレンジは終了して、また5万円から再開する・・・みたいなのを繰り返す感じです。チャレンジ10回や20回のうち1回でも成功すれば黒字になるようなFXトレードの考え方です。

以前別のブログで私がやった用な感じです(→第一回FXトレードハイレバチャレンジまとめ)。結果だけ見るといかにもウソくさいんですが間違いなく本当です。どうしても検証したいときはトレード時間や価格などが確認できれば間違いなくその時間とプライスなはずです。

法人口座なら5万円もあればそこそこ建てられますしね。まあ、あまりおすすめはできませんが、最初からこういう考え方でFXトレードをすると割り切って、儲かったからといって調子に乗らずルールを厳守できる人ならいいかもしれないですね。私は今でもたまにやります(ほとんど失敗ですが)。まあでもチャレンジ失敗したら上でも書いたように後々大変ですよ。海外FX業者のハイレバだと信用できないという人向けですかね。

あとはアレですね。儲からなくてもいいから自分のお店を持ちたい人とか。FXの利益と趣味の店(赤字)を損益通算する感じです。自社ビルの1Fに「絶対儲かってないやろー」っていう店があるパターンのやつと一緒ですね。資産家が損益通算のために出してる店みたいな。結構考えてみたんですが、他におすすめできるパターンってありますかね?

最近FX法人設立の相談を受けたので今回書いてみましたがどうですかね。なんとなく心理的にも金銭的にもハードルが高いですよね。FX用の法人設立自体は簡単だけど後悔しないようにしてくださいねという意味で書きました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。