↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

ちょっとサボるとブログなんてすぐに一週間ぐらい経ってしまいますね。

いやーなんか忙しいんですよバタバタして。特に何か生活に変化があったわけじゃないんですけど、子供たちのこともそうだし自分のこともいろいろやらなきゃいけないことが出てきたりしてなんか忙しいんです。

FXトレードも今月はイフダンOCOとかスイングばっかりで、ガッツリと常時チャートを見ていません。でもなぜかソコソコ調子良く勝ってます。

まあ言うまでもなくFXトレードでエントリーするときは大きく分けて2つの考え方があって、

1.エントリーするときにだいたいの目標獲得pips(損切りラインも)と時間軸を決めておく

2.時間軸は考慮せずOCOを設定しておく

だいたいどちらかの考えでエントリーしますよね。少なくとも私はそうです。

1の場合はデイトレードやスキャルピングなどで、例えば「3時間以内に20pipsぐらいの利益目標、損切りは▲12pipsぐらい」という感じでケツの時間を決めておいて、その時間までに決着がつかなければ撤退。別にデイトレやスキャルに限定しなくても「3日以内に+100~▲50pips」とかでも同じです。

2の場合はエントリーしたら例えば「+50pips~▲30pipsのOCO注文」を入れておく感じで、PC前にいなくてもどちらかにタッチしたら勝負ありになる感じですかね。

だいたいいつもは1でやっていますが、今月は2でやっているイメージです。

2の良いところは、

・PC前にガッツリ座っていなくてもいい
・目先の上げ下げに一喜一憂しなくてもいい

みたいな感じでしょうか。

逆に悪いところは、OCOの設定を間違うと「あと1pipsで勝てていたのに届かず結局損切られてたー」なんていうことがありますね。もしPC前にいたら多少届かなくても利益確定していたはずなのにーという感じです。

損切りラインに関しても同様です。キッチリ狩られてから逆へバイーンなんていうことも多々あります。かといってロスカットラインを深めにしていると損も大きいですしね。悩ましいところです。

OCO注文の設定ラインも適当にやっているとダメですね。

例えば、

「+50~▲50pips」だと5勝5敗でほぼトントン
「+50~▲30pips」だと4勝6敗で+20pips
「+50~▲20pips」だと3勝7敗で+10pips

ぐらいが損益分岐点ラインですかね。利益確定pipsと損切りpipsの比率と値幅のバランスを間違うと負けばっかりになってしまいます。

私の場合は別に意識しているわけじゃないですが、時間軸を考慮せずOCOで放置するときは「利益2:損切り1」ぐらいの設定が結構多いみたいです。「+60~▲30pips」とか「+80~▲40pips」みたいな感じです。これなら3打数1安打でトントンぐらいになります。

でも2:1なら良いわけじゃなく、例えば「+10~▲5pips」だったらノイズ程度の値動きで引っかかってしまうし、「+300~▲150pips」だと時期によっては二週間とか勝負がつかない場合もあります。OCOの値幅を決めるときは、チャートでどの足を根拠としてエントリーしたのか、どこを割ったらイメージが崩れるのかとかいろいろ見て判断しています。もちろんチャート読みの精度が高くないといくらOCOの数字で戦略を立ててもダメですけどね。

あ、今日はこんなことを書くつもりじゃなかった。ただただ無職のくせに日々忙しく子供たちのこと以外はつまらない生活をしていますと愚痴を書くだけの予定でした。

結局ツイッターとかも全然ログインしていないんですよね。有益な情報を見かけたり極少数の仲良しさんと絡んだりするのは嬉しいんですが、見たらムカつくこととか余計な情報まで目にしてしまうこともあって疲れるんですよね。忙しいのに加えてそういうこともあって最近はSNS系を全く使っていません。多分向いてないですね。

そうそう。このブログを書き始めて4回目の年末を迎えそうです。

日記とか付けたことは無いですが、過去のブログ記事をたまに読み返してみると書いている本人は本文以外のことも思い出すんで便利ですねこれ。ブログを書いていなかったら例えば「3年前の秋頃は何やっていたかー」なんて思い出しもしないのに、記事を読み返すとその頃何をやっていたのか、どんな感情だったのかなどを思い出しますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。