資産曲線

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

私の資産運用というか、トレード履歴は大学生時代に始まっています。

もっと言えば大学に入る前から株の本を読んだりはしていました。

そこで現在に至るまでのトレードに関する資産のグラフをざっくり描いてみました。

いろんな時期とか資金量とかいろいろ特定されると生活に支障がありそうなので、私のイメージでざっくりと手描きしたものです。

※クリックしたら大きくなります
資産曲線2

グラフにも書いてありますが、これよりも前からやっていたけど大学生や若い会社員時代なのでたいした金額じゃないから省きました。あと、税金で出金したりそういうのも考慮していません。単純にトレードの収益を感覚でグラフにしただけです。

もちろんFXだけじゃなく、日本株も日経平均先物などいろいろ入っています。

時期や資金量が特定できないグラフは意味無いじゃん!となりそうですが、決して楽々稼いできたわけじゃないですよという紆余曲折を見ていただく主旨なのでそこはさほど重要じゃないんです。

ご覧のようにグラフの最初でバイーンしているんですよね。ダラダラ投資とかやっているのが面倒になってFXでギャンブルを仕掛けた時期です。毎日毎日数百万や千万単位でお金が増えて、夜の街にも散財しまくっていた頃です。

そんでほぼ丸々無くなっちゃったんですね(笑 ギャンブルトレードは所詮ギャンブルです。今でこそやめ時が肝心とか言ってますけど、イケるところまでイケと脳ミソが狂っていました。

それでまたしばらくしてから三角持ち合いの中をフルレバで3往復ぐらいさせたりその他諸々もあって復活したんです。これは注いだ資金量はあきらかにギャンブルですが、トレードとしては自信がありました。大きな三角持ち合いがどちらかに抜けるまで延々往復取ってやれと。天底全て当たった感じです。

それでそこからは、スイング的な意味で自信のあるチャートが来るのをじっと待って、ここぞというときに勝負を仕掛けることで途中2回ぐらいバイーンさせています。

その後は資金を大きく減らしたくないということと、ここまで損したら絶対やめようというラインを決めてポチポチトレードしています。要するに本当の意味での大勝負はやらないということです。

今では300Lotや600Lotでも大勝負とか言っていますが、当時はYahoo!ファイナンススタジアムのように3,000Lot以上建てていたことも多々ありました。1pips動いて30万円ですね。雇用統計跨ぎでバイーンしたら即3000万円とかを儲けたり損したりしていました。

ご存知かと思いますが私の家庭環境を考えるともう大勝負はできないんですね。子供たちが路頭に迷いますから。だから今後も大勝負を仕掛けることは無いですし、ここまで損したらやめるというラインに達したら潔くやめます。だからいつも書いているようにマーケットの大事故に遭遇したくないんですね(みんなそうでしょうけど)。できるだけポジっている時間を短めにして、大きな指標やロールオーバーや週末は跨がないということです。

資産曲線6

↑ こうなったらおしまいですから ↑

そう。今思い返すと、現在のようにポチポチやる前までのトレードは、ほとんどが「スイング」でした。ポジった後は完全に負けるか大勝ちするかみたいな感じです。もちろん損切りはしますが、「ふぅー、致命傷で済んだぜ」レベルの損切りだったような気がします。

ちょっと長くなったのでpart.1ということにして一旦ここで締めます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。