10_6d29d2b209ad42bc514a00bdd8f783e3

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

 

例えばFXの手法というか、トレード方法を人に教えたりする。

 

そうすると数日後に、「教えてもらったトレード手法ってバックテストをしてみたら年間リターンマイナス40%だったよ」

バックテストとか信じてるの?

こんな顔で得意気に言う奴がいたりします。

 

トレードのやり方を教えるってのは、少なからず「自分の裁量」によるところがあって、単にバックテストをしただけで結果なんて出ないんですね。というか、そんなことトレーダーやってるなら当然わかっていることだと思っていましたけど、妙にバックテストなるものを信じる残念な人がいるようです。

例えばドル円の過去10年をバックテストで検証して、年間リターンが+50%という結果だったら「このトレード手法は凄い!」とか信じちゃうんですかね。

そもそも40MAが200MAを抜けたらエントリーして、+10pips~▲5pipsでOCOを入れる・・・とかゴールデンクロスがうんちゃらかんちゃらしたらとかで勝てるわけないのがわからないんですかね。

人の「裁量」部分があるから、ゴールドマンサックスもモルガンもシティも億単位の報酬払ってディーラー雇っているんでしょうが。単にインジケーターのロジックだけで勝てる「聖杯」のようなものがあるんだったらディーラーもトレーダーもいらないでしょ。

 

雇用統計の指標なんかで一瞬タッチしたようなチャートでも利食ったりアンタはできるんですか?っと。←バックテストは約定しちゃうんです!

そんなに発注がバシバシ通る業者がどこにあるんですか?っと。←バックテストは通るんです!

過去何十年もスプレッドが一定だったんですか?っと。←バックテストは重要指標前でも早朝でも年末年始でもスプレッド極狭なんです!

スリッページもサーバーダウンも一度も無い業者だったんですか?←バックテストは超安定した業者を使ってます!

なんて言いたいことは山ほど。

 

バックテストで約定力は判断しないですよね。

チャートが伸びてたらそれだけで利食っちゃいますよね。

世界の“多数派”についていく「事実」を見てから動くFXトレード ──正解は“マーケット”が教えてくれる (Modern Alchemists Series No. 128)

新品価格
¥2,160から
(2015/10/8 17:09時点)

 

そんなデータでマイナスが出たら「使えない手法」、プラスなら「使える手法」ってか。誰がバックテスト用のトレード方法を教えたって言ったよボケっ。ちょっと腹が立ったのでつい。

もし「こりゃスゲー手法見つけた!」と思ったなら、バックじゃなくてせめて実際の市場でフォワードでテストしなよっと。0.1ロットでもいいから実際にポジ取って、実際に業者で運用してみなよって感じです。

また余計なお世話君ですかね。

バックテストって、情報商材屋が自分の商品に説得力を持たせるために、一番都合の良い時期を選んで「ホラ凄いっしょ」って言うためのものだと思っていました。

「EAで稼いでる人もいるじゃん」とか必ず言われますが、その時々でどのEAを使うか選ぶのも結局「裁量」だと思うんですよ。過去から未来まで永遠に稼ぎ続けるEAは無いはずですから。

バックテスト信者とかバカバカしいですね。反論がある人もいるでしょうが、議論はしません。私とは違うってだけです。この話にウンウンと感じた人は私と話が合う人。「違うよバカ」って感じた人は合わない人。単にこれだけでしょう。正解は無いんだろうし。

 

あ、昨日の記事に書いたAUDUSDのポジションですが、まだまだ保有継続中です。「勝つ確率は低いけど、損は少なくて勝ったときデカイよ作戦」継続中。

「含み益は幻、含み損は実損」これを心がけて保有継続しています。

流行りものには絶対乗りたくないんですが、子供たちがどうしてもアナ雪を観たいって言うもんで、今から映画館に行ってきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。