凄いFX専業トレーダー

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

しばらくブログの更新が滞っていました。

この三連休中に子供たちが泊まりに行ったこともあって、ひさびさに一人で外出して人に会ってきました。もともとリアルな生活で付き合いのあるFX専業トレーダーさんです。専業トレーダーと書きましたが、他にも自営業とかなんやらかんやら収入源があるようなので、実際のところ「専業」トレーダーではないかもしれません。

約4年ぶりに会ったわけなんですが、この人(以下「Cさん」とします)はトレードを始める前からの知り合いで、ものすごく几帳面というか神経質なタイプです。また、ある分野のオタクでもあって、その界隈ではちょっとした有名人なんだそうです(知らんけど)。また、道具にもこだわり、「トレードルーム」と名付けた部屋に高級なデスクと椅子、6画面のモニター、高スペックのPC、非常用のスマホ、トレード関連本・・・など形にもこだわっています。

Cさんはマニアックな性格ということもあって、トレードに関しても細かいデータを取るのが主義で、EXCELにズラーっとデータを取って検証しています。極めるためになんでも没頭する性格なので、テクニカル分析や指標の予測、インジケーターの算出などに加えてオリジナルのインジケーターを作ったり、売買シグナルが出るように自分流の設定もしているとのこと。まあ要するに細かいことが好きという感じですかね。ネット上でもたまに見かけますよね。トレードで稼ぐことよりもデータ取るのが仕事になっているような人。Cさんはあんな感じです。

会っていない間もこれらのことは続けてきたそうで、4年前の頃よりも更に細かいデータを拾って分析しているとのこと。

なんとなくオチが見えてきたかと思いますが、、、

そこまで没頭していくらぐらい稼いでいるの?!と聞いてみたところ、

Cさん「うーん、この4年ぐらいだったらマイナス2000万円ぐらいかな」と。

私「そのデータ活かされてないやないかーい( ^^)/▽☆▽\(^^ )」

と突っ込んだのは言うまでもなく。

 

まあ、この仕事(トレード)は何が正解かなんていうことは無いのかもしれませんが、少なくとも「プラス」になっていることが正解なんじゃないかなと思うんですよね。その目線で見たら完全に間違った方向に力を注いでいますよね。でも4年でマイナス2000万円でも5年経過したときにプラスかもしれないですし、もしかしたら最終的には凄い成果になるのかもしれませんが。

私として何が言いたいのかというと、結構一生懸命に努力していてもそれが「正しいベクトルで努力しているのか」ということも見極めないと結果は出ませんよねということです。

例えばある投資関連の書籍や情報商材に書いてあるような手法などを、死ぬほど努力して忠実にやってもそれに書いてあること自体が正しいのか、その著者ってどうして儲かる手法を数千円や数万円で赤の他人に教えてくれるのか、などを考えたら答えは出るんじゃないでしょうか。常識的な思考なら。

他にも、インジケーターの組み合わせなどをプログラムして未来永劫稼げることなんて、宝くじを当てることよりも遥かに難しいと気付かないのでしょうかということもですかね。難しいというよりも個人的にはありえないと思っています。そういうので儲かる組み合わせがあるのなら、とっくに名だたるプログラマーや投資銀行が開発しているはずだからです。あるパターンの相場ではバンバン稼ぐ自動売買もありますが、パターンから外れた相場になると大抵は途端に大損するイメージですよね。

以前このブログでも、トレーダーを伝統工芸士に例えたことがあったような気がしますが、例えば「鍛冶職人」。コンピュータで精巧に計算してロボットでトンカントンカンやればできそうなものだけど結局人間がやっているのが最高級品。漆塗りの器なんかでも、機械で精巧に作れそうだけどやはり人間。将棋の世界でも最近はコンピュータが勝つことも多くなってきたようですが、なんだかんだ棋士の方がまだ強い。これらは例え話ですけど、結局は人間の「何か」を磨くことがトレードでも共通しているのかもなという古い考えです。上にも書きましたが、もちろん私個人の考え方であって、おそらく議論しても正解というのは無いんだと思います。

これも以前書きましたが、私の知り合いで稼いでいるトレーダーさんのほとんどは、あまり細かいことはやっていないんですね。リアルタイムで動くチャートと移動平均線、手動で引いたラインにあと好みでちょんちょんと付け加えたようなツールだけでも勝っている印象です。さっき書いた人間の「何か」というのは私にもわかりませんが、そこのところを磨いていかないと書籍や商材を鵜呑みにしたり、データを取ることで安心してしまうようになってしまうのかなと思います。

まあ、私の数少ない知り合いだけでの話なので母集団があまりにも偏っている可能性はありますが、考え方としては概ね間違っていないんじゃないかなと。

偉そうなことを書いてきましたが、自分も四苦八苦しながら「今は」プラスというだけの無職専業トレーダーなので、明日からまた気を引き締めてやっていこうと思います。でも子供たちが長い夏休みに入るので本格的に気合入れてトレードするのは実質9月からですけどね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。