FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ   

FX法人設立で専業デイトレーダー生活ブログ(法人口座でハイレバレッジ)


スポンサードリンク

FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

今でこそ「守りに入ったFXトレード」みたいなことをポチポチやっていますが、数年前までは1回300Lotや600Lotはもちろん、スイングトレードで1,000Lotから3,000Lotぐらいのポジションを持つこともありました。

何年も前に「FXで大きく稼いだ時期」っていうのが私にもあって、そのことについては過去記事でも触れています。

トレードで稼いできた資産曲線の推移 part.1
トレードで稼いできた資産曲線の推移 part.2

まあ、FXで大きく稼ぐ方法なんていくらでもあるんでしょうけど、とりあえず私が稼いだときの体験談として書いてみます。あ、「これで勝てたら苦労せんわ!」という内容なのであまり期待せず読んでください。

今は「スキャルピング~デイトレードの間ぐらい」みたいなトレード手法ですが、大きく稼いだときは基本的に「デイトレード~スイング手法」でした。スイング目線でエントリーするけど目標を達成したらデイでも決済するイメージですね。

そもそも「FXで大きく稼ぐ」というのは、よほど証拠金自体が大金じゃない限り、何かしら無茶をしたトレードになります。そういうトレードは大損覚悟でやっているので今は絶対にやりませんしおすすめもしません。

しかも結果的に「FXで大きく稼げた人」というのはほとんどの場合「運」だと考えています。「◯億円稼いだけど今はほとんど無くなっちゃった」みたいな人がネット上で溢れているのはそういうことですね。◯億円稼いでいるときは神トレーダーのように崇められていますし、損をした後も「◯◯さんならまた復活できますよ!」なんて言う信者みたいな人もいますよね。ただ「一時期運が良かっただけのトレーダー」に対して。

本当に実力や戦略や手法が万全なトレーダーさんは、私の知る限り「一時期だけ」大きく稼ぐような資産曲線ではない場合がほとんどです。私自身はそれに当てはまりません。私は「一時期運が良かったトレーダー」の部類に近いと思います。ただし私は上でも書いたように、大きく稼ぐのはほとんどが「運」だとわかっていたので、稼いだ後に「俺はスーパートレーダーだ」とは思ったことはありません。だから勘違いして「BNF超えを狙う!」とかバカな考えにも至りません。

で、前置きが長くなりましたが、その時期に稼いでいた方法ですよね。FXで大きく儲けた時期の考え方は至ってシンプルです。

※手持ちのチャートソフトからちょうどいい形を見つけるのはかなり苦労するので、下の画像は全てネット上から拾っています

1.トレンドラインが終わるまでロング(ショート)をし続けて稼ぐ

トレンドラインってこういうやつですよね。
FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

説明するまでもなく、このトレンドが継続している間は何度でもエントリーして、トレンドラインを割ったら撤退するパターンです。「トレンド継続中は持ち続ける」というよりは、ラインでサポートされたらエントリーして、ある程度利益が出たら一旦決済・・・を繰り返すイメージです。言うほど単純に儲かりませんが、とりあえず今回はイメージだけの話です。60分足や4時間足、日足あたりがベースになりますかね。

2.レンジが終わるまで何往復もエントリーして稼ぐ

レンジのイメージ
FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

しばらくはレンジが続くと判断したときは、このレンジ内でロング・ショートを繰り返すイメージです。まあ、これもありきたりですよね。結局は「レンジだと判断」できるかどうかが肝ですね。レンジを明確に抜けたらやめる感じです。よくあるのはレンジをブレイクしたらそっちの方向にエントリーするというやり方が多いと思いますが、私の場合はそれで勝った記憶が少ないです。いかにレンジ内で取りまくるかという方が向いていました。

3.三角保ち合いやウェッジが終わるまでドテンを繰り返しながら稼ぐ

三角保ち合いのイメージ
FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

ウェッジのイメージ
FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)

これも説明するまでもなく、この中で何度も取るやり方です。これもレンジと一緒で、ブレイクした所を狙う手法がオーソドックスなのかもしれませんが、私はこの中で何度も取るやり方の方が合っていました。過去最も稼いだのはこの三角保ち合いパターンのときです。全てにおいてそうですが、別に頂点を見極める必要は無いんですよね。「いかにその中で取るか」ということだけ意識していれば、天底まで当てる必要はありません。

FXで大きく稼ぐ方法を3つ(稼いだときの体験談)まとめ

もちろん当時はこの3つ以外にもガチャガチャやっていましたし、この考え方だけで勝てるようになるとは思っていません。でも後で振り返ってみると結局この3パターンで大勝ちしていたんだなとわかりました。今は時間軸が違うのでこれらのことはあまり気にしていませんが、デイトレードスタイルのときでも「今どっちに向かっているのかな」と確認したいときは4時間足や日足でも確認します。

FXで大儲けしようとする手法としてありがちなのは、大型指標前にハイレバで仕込んで丁半博打をするやつですね。私もFXを始めた当初はやっていましたが、すぐにいろんな意味でこりゃダメだと判断したのでやめました。

「FXの初心者本に書いてあるようなことを3つ並べただけじゃねーか」という感じですが、実際に私が過去に大きく稼いだときは結局この3つが多かったですよというだけの話です。ちなみに大きく稼いだ通貨ペアはほとんどがポンド円でした。ドル円はほぼトントンだった記憶があります。

自分の実力以上に稼いだときは要注意ですよ。それは間違いなく「運」ですから。仮に100万円が急に500万円になったとしたら、400万円出金して100万円から再開した方が間違い無いんですって。実力があるならまた100万円が500万円になるだろうし、やっぱり運だったらその100万円は無くなりますしね。でも400万円残ります。

大きく稼いだらロットを増やすというのがありがちなパターンですが、常にほぼ一定でトレードするか、勝ったときこそロットを下げるか、どちらかの方がいいですよ。これホント。

FXを完全に博打として参加するのか、投資と見るのか、勝ち負けを攻略するゲームのようなものと見るのかでもそれぞれのスタンスは変わりますしね。今回の方法が必ずしも「FXで大きく稼ぐ考え方」というわけじゃないですが、体験談として書いてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. SBI FXトレード
    FX業者のSBI FXトレード
    FX業者を評価する上で全の項目で上位。初心者~上級者までオールマイティに使える。