FXで生活できるか

FXトレードの利益で生活がしたい

FXで生活したい」という相談はよく受けます。

いくらやめた方が良いと言っても、もう会社を辞めて「FX利益生活」を始める前提で相談をしてくる人が多いんですね。

私のアドバイスは、「FXで生活したい」と相談されたら、基本的に「やめた方が良い」という答えなので、そもそも話が噛み合わないんです。

私なんぞに人生の決断をするような相談をすること自体が間違っているんですけどね。FX専業トレーダーになることに、背中を押して欲しいのか、止めて欲しいのか、結局そんな感じだとは思いますけどね。

FXで生活を始めても大損して退場したら・・・

私がやめた方がいいってのは、単純に「孤独で寂しいから」とか、「家族に心配かけるから」とかそういうことじゃなくて、結局退場していく人をたくさん見てきたからって感じでしょうか。

まだキズが浅いうちに自ら退場した人は良いですが、とことんまでやって強制退場したよう人は本当に大変そうですよ。離婚したり家売り払ったり、いろいろ。ホント悲惨です。

前にも書いたことはありますが、専業トレーダーになりたければ仕事を辞めてFXを始めたら誰でもなれます。しかしそれで生活したいとなるとなかなか厳しいと思います。

私も専業トレーダーになった頃は、いかにサラリー(給料)というものがありがたいものだったのか実感しました。

1000万円を元手として専業トレーダーになって、例えば2年で退場してしまった場合、失うものは1000万円だけじゃなくて、その2年間会社員をやっていたなら得られたであろう給料分も逸失利益として損したようなものですね。

2年間のブランクがあるので再就職も厳しくなって、生涯賃金で考えたら数千万円レベルの損失になってしまいます。

多少儲けたとしても、所得税、年金、健康保険、住民税などを支払ったらビックリするぐらい手元には残りませんよ。これ本当。






それでもFXで生活を始めるなら・・・

とにかくFXで生活することを考えているのなら、最悪のケースを想定してそれを受け入れられるか、じっくり考えてみることをオススメします。

憧れの職業みたいに言われて、良い面ばかり夢見ている人が多いです。

朝起きなくていいし、満員電車に乗らなくていいし、ネクタイ締めなくていいし、イヤな上司はいないし、同僚との人間関係も無いし、客にペコペコしなくていいし、上手くいけば1億や10億稼ぐ人もいるし・・・なんて。

例えば1億円手に入れたいというニーズだけなら、会社員やりながら毎月2回、1万円づつを競馬の100万馬券でも買い続けた方が可能性が高かったりするんじゃないかと思います。失敗しても月2万円だし、当たったら1億円だし。

まあそれか月2万円分のtotoを買い続けるとか。

実際に専業トレーダーをやっている人間(私)が、それら(競馬の100万馬券やtoto)よりも可能性が低いと思うっていう実感です。

どうしてもなりたいって人には、副業があることを条件としてからオススメしています。

他で不動産賃貸収入があるとか、ネットショップを運営しているとか、アフィリエイトで30万ぐらいなら稼げているとか。

FXからの収入が全てで、「長年」生活できている人はホント少ないですよ。

よほどエッジの効いた手法があるか、前職がトレーダー系の仕事だったか、資金が潤沢とか、何か強烈な強みが無い限り、「長年」「安定して」なんておそらく無理でしょう。

確かに凄い人も中にはいるんですが、その裏で損している人はその何千倍何万倍といるんじゃないかと思います。

それでもその能力とか努力とか知識とか運とかが自分に備わっていると思うんだったら、難しい国家資格でも狙った方が間違い無いと思いますよ。

私自身も自分が安定してFXで生活できるなんて今でも考えていないので、何かの拍子で波に乗っちゃって大金稼ぐ場面があればとっとと辞めて他のことをしようと考えています。今はその波が来るまで待っている期間のようなものです。

FXで生活できるかというテーマについては、このブログを立ち上げるときに発信したいと考えたことの一つでした。だから本音で強めに主張させていただきました。


↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ