補足2:スキャルピング~デイトレードのコツ(手法のようなもの)

 

ひとつ、ふたつ前の記事で、初心者向けに手法のようなものを書きました。

いろいろ感想のメッセージをいただきましてありがとうございました。

 

一応先日の記事にも書いてありますが、トレンドフォロー10pips~30pipsを目指しドローダウンの少ない方法というテーマです。

闇雲にインしている初心者の人よりは、こういう考え方の方がパフォーマンスが良いと思いますよっていうぐらいのニュアンスで書いたつもりなので、絶対勝てる手法!とか言ったつもりはありません。

 

かえって混乱した初心者の人もいたので、やはり手法みたいなものって中途半端に書いたらダメですね。

条件の揃う順番とか、TLとか他にも細かい注意事項はあるんですが、なかなかブログの記事で全部伝えるのは難しいです。

 

あの記事では、条件1、2、3が揃ったらロング、条件9、10、11が揃ったらショートと書きました。

その条件でインしたからといって必ず勝てるわけではありませんが、私の中では少なくとも条件1、2、3が揃った状態でショートをしない、条件9、10、11が揃った状態でロングしないという逆の使い方もできます。

 

じゃあ、今日はどうだったかなーってドル円の5分足チャートをついさっきキャプしてみました。

下記チャート画像で、今日条件が3つ揃ったのは朝7時頃にショートで1回と夜21時頃にロングで1回ですね。

ロングはキャプした時間の関係で切れていますが、今(24時15分頃)見たらドル円は上がっていますね。

スキャルピング~デイトレードのコツ3

画像にはショートの条件しか描きませんでしたが、21時頃にロングの条件も揃っていますね(MT4のチャートで日本時間の21時は12時表示)。

利益40pipsと描きましたが、実際は20~最大30pipsで利確して欲しいところです。

 

まあ、そんなこんなで有効な考え方ではあるんですよ。

いろいろ細かい注意事項もあったりして、狭いレンジのときは利確を早めにするとか、200MAと40MAが短時間で何度も絡みあうような揉み合いの場面ではインしないとか、いろいろありますが、その辺は人に言われるより、経験で気付いていくと思います。

 

冒頭で初心者用と書きましたが、やっとかっとプラマイゼロぐらいの中級者でもイケる考え方だと思うんですけどね。

いかがだったでしょうか。

 


↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ