FX法人を設立した理由【法人化】

FX法人を設立した理由【法人化】

FXトレード用の法人を設立した理由

FX法人設立の理由をよく聞かれるので一応書いておきますが、個人のままではなく法人化した理由は2点。

 

  1. 社会的立場が欲しかった(代表取締役)
  2. レバレッジ規制の解除

 

この2点だけです。

 

個人トレーダーだと社会的にどうしても無職扱いになってしまい、とにかくいろんな場面で不自由なことが多いと感じます。法人化しておけば職業欄は一応会社役員なので、面倒なことが少なくなります。

あと、トレード以外に何か始めたいと思ったときも何かと便利なので、法人化に踏み切りました。

 

レバ規制については、規制自体に疑問が多かったことと、外国人のトレーダーなどとやり取りしても馬鹿げてる規制だと言われることが多かったので、同じ土俵でやりたいと思って法人化することにしました。

表向きは個人投資家保護の観点ということですが、逆にハイレバで億単位を稼ぐ個人トレーダーが増えたせいで、国民の勤労意欲が失われないようにするような逆規制なんじゃないかと思ったりもしています。射幸心を煽るパチンコの連チャン規制みたいなことではないかと。

元々ハイレバトレーダーなので規制解除は絶対条件でした。

節税的なことはほとんど考えていません。節税しようが脱税しようが、結局儲けるしかないですし。

 

法人の設立はネット上の業者さんなどに頼めば安く済みます。

設立自体は登録免許税や手数料など25万円ぐらいで、あとはそれに資本金をプラスするだけです。資本金として使った金額はそのままトレードの証拠金として使えるので、実質かかる費用は設立時の25万円ぐらいだけです。

細かく言えば、決算時の税理士報酬や地方税の均等割が年間7万円程度かかったりしますが、儲ける前提で言えばさほど気になる金額ではありません。

とにかく設立費用だとか税金だとか言う前に、FXトレーダーとして稼げないと全く意味がありません。自分の勝ちパターンをいくつか作って稼げるようになることが先です。


↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ