今からでもFX専業トレーダーになれる?という相談を受けた

今からでもFX専業トレーダーになれる?という相談を受けた

2018年からでもFX専業トレーダーになる方法はあるの?

会社を辞めて専業トレーダーになりたい

つい先日、2年ぶりぐらいの友人(会社員)に会いました。私がFX専業トレーダー生活していることを知る数少ない人です。

端的に書くと会社&会社員を辞めたいらしいんです。で、辞めた後は専業トレーダーになることも選択肢の一つにしているので、私に相談してきたという感じですね。

ソコソコな大学を出てまあまあな会社に入ってなかなかな生活をしているアラフォー独身です。独身なのでわりと優雅な生活をしているんですよね。

会社を辞めたい理由について細かいことまで聞いてはいませんが、まああと20年以上も今のような生活を続けたくないということでしょう。

そういえばここ1~2年ぐらいは以前にも増してフリーランスブームが来ていませんか?なんとなくそう感じるんですけど、働き方改革とやらの影響なんですかね。

独身だから多少の無茶でも大丈夫だし、年齢的にもちょうどいいんじゃないかということらしいです。でもなんで会社を辞めることが専業トレーダーになることなんですかね。

「フリーランス=専業トレーダー」なのはなぜ?

フリーランスになりたいなら、選択肢は専業トレーダー以外にいくらでもありますよね。

株やFXの投資をやっていることは知っていましたが、もう少し詳しく投資歴を聞いてみました。20代半ばから投資を始めて現在の金融資産は約2500万円、ここ5年は日本株や為替で毎年+50万円~150万円程度のプラスだということです。

これは結構凄いですよね。もう素地ができているのでなんとでもなりそうな気がします。兼業なのでこれまでは堅実投資を心がけていたということです。

もちろん「専業トレーダー」や「デイトレーダー」という生き方があるのは前から知っていて、自分もそういう生活がしてみたいと考えていたことは間違いないようです。

ただし2018年になった今から参入して、10年以上も専業トレーダーをやっているような人たちに勝てるのかということを心配していました。別に敵はそこじゃないから戦う必要は無いですけどね。

まあざっと聞いた感じでは無茶だとも言い切れないし、「キミなら専業トレーダーに十分なれるから頑張りなよ!」って言うのもちょっとなという感じです。

後発組でFX専業トレーダーになれるのか

FX専業トレーダーになることがベストなのかどうかは知りませんが、なれるかなれないかで言えばなれますよね。別にFXじゃなくてもいいとは思いますが、昔のように業界自体が荒削りだった頃と比べたら今の方がやりやすいぐらいです。

オンライン取引が始まってからのデータも蓄積されてきましたしね。FX業者リスクや為替の急変動リスク、通信網のトラブルなどの問題も顕在化して一巡した感じですもんね。

「10万円を3億円に!」みたいなギャンブルはしにくくなりましたけど、「生活するためにpipsを稼いでいく」という考え方ならなんとかなるんじゃないでしょうか。

自分のトレードスタイルを確立して、決めたルールを守りながら微調整して、損切りを含む資金管理ができれば別に後発でも大丈夫だと思います。先発組だから有利だとかは思いませんしね。

FX専業トレーダーになるかどうかは結局本人次第

結局は本人が人生にどの選択肢を採用するのかという話ですよね。

今のようになかなかな生活をしながら投資の副収入がある生活を続けてもいいし、一度は人生の大きな賭けに出てもいいし、今ここで投資を辞めれば生涯成績プラスで終わることもできるし。

自分でよく考えて選べばいいんじゃないでしょうか。

個人的には今の会社がよほどブラック企業とかじゃない限り、今の生活を続けながら「兼業トレーダーを極める」ということにチャレンジしてもいいんじゃないかなと思います。

会社を辞めてFX専業トレーダーになって仲間が増えて欲しい反面、やはりそれをおすすめすることはできませんでした。

実は専業トレーダーになったらなったで、ちょっと寄りかかってきそうだったこともおすすめしなかった理由の一つです(笑


↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ