専業デイトレーダー生活ブーム

専業デイトレーダー生活ブーム

「専業デイトレーダー生活をしたい!」みたいなブームは収まったんですかね。

なんとなく「専業トレーダーになりたい人は一度なってみた」みたいなのが一周した感じですかね。デイトレーダーになってはみたものの大損して退場したり、退場後にまた資金を作って再度なってみたりということでしょうか。稼いでいる人はそのままデイトレーダーを続けているでしょうし、稼ぎまくった人なんかは別の事業を始めたりしてるんですかね。

なんとなく最近「専業トレーダーになりたい」という人が減ってきたように感じました。それでもたまに相談を受けることはありますが、BNFブームの頃みたいに「会社を辞めて専業トレーダーに憧れています!」みたいな人は減ったような気がします。

専業トレーダーで一生生活できるような人は「宝くじに当たるような確率」だということが広まってきたんでしょうか。大損して退場した人の悲惨な話も耳にしますしね。

本職の収入があって、兼業トレーダーとして経験を積んだ方が低リスクということがわかってきた感じですかね。一部の強運か天才を除いて、専業トレーダーなんて自らなるもんじゃないんですよね。私も離婚して会社員が続けられなくなったので、目先の収入源としてこれしか思いつかず仕方なくやっています。

もちろん「専業デイトレーダーとして長期間稼げる」とか「自分は稼げるトレーダー」なんて考えていたわけじゃなく、「しばらくやってダメだったら他の道を探ろう」という感じで始めたようなものです。まあ、会社員時代に運良く大きく稼いでいたことが一番大きいですが。

これもなんとなくですが、BNFブームの頃は「大金を稼ぎたい!」というニーズだったのが、最近は「最低限の生活費を稼ぎたい」というように見えました。「無職期間の長い人が抜け出すため」とか、「入れる会社もブラック企業しかないし低賃金だから」みたいな感じですね。

今日このネタで書いたのは、先日「専業トレーダーとして独立したいという人から相談を受けました」の人が結局専業トレーダーになるという連絡があったからです。結構ネガティブなことを言って止めたのに専業トレーダーとして生活するんだと聞かないんですね。私も他人の人生を左右することはこれ以上言いたくないし「どうぞご自由に」ということです。

いろんな人がいるとは思いますが、私としては専業デイトレーダーになるのはあまりおすすめしません。兼業トレーダーとして、例えば「100万円を元手にどれだけ稼げるか」とかやってみた方がいいと思いますよ。

本当に稼げるトレーダーだったらおそらく、兼業でも稼ぐし、10万円からでも増やせますよ。逆に1000万から始めようと、モニターを6枚揃えようと、下手クソならそのうち退場ですよね。


↓ ブログランキングへのご協力をお願いします ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ